勝鬨、修羅、解神の3ラウンド制で行う

昨年大会 決勝ラウンド「解神」進出者8名を、本年大会の招待選手とする

[解神 2018 招待選手]

 

※ 2015→2016以降の変更点

 2015は初回のため、他大会優秀者16名を選考して招聘したが、これを廃止する

 2016より招待選手の待遇を以下のように変更する

 ・1Rの勝ち抜けシステムを変更

 ・2R 修羅が招待選手のみの参加であったものを、1Rの優秀者によるものに変更

1R 招待選手も含めた全員参加の筆記謎解き 20問 10分

 

1位~4位は3R 解神へと進出

同着で4位が決まらない場合、同着が8人以内なら、一問正解勝ち抜け、一問誤答失格の早押し謎解きを行い、進出者を決定する

同着が9人以上の場合、クジ引きにて、8人を決定し、早押し謎解きを実施する

 

5位以降について、16人が以下の優先順で2R 修羅へと進出

・招待選手

・招待選手以外の上位者

同着で16人が決まらない場合、同着が8人以内なら、一問正解勝ち抜け、一問誤答失格の早押し謎解きを行い、進出者を決定する

同着が9人以上の場合、クジ引きにて、8人を決定し、早押し謎解きを実施する

2R 修羅進出者を2ブロックに分けて、早押し謎解き 各ブロック20問限定

 

3問先取、1問誤答で失格

勝ち抜けが2人決まるまで実施する

20問で決着しない場合、最も高いポイントの選手のみでサドンデスを行い、残りの進出者を決める

3R 解神の対戦相手は、以下のルールで決定する

・1Rからの直接進出者は、1位と4位、2位と3位が同じ山となるようにする

・1回戦は1Rからの直接進出者対2Rからの進出者となるように抽選を行う

 

トーナメント表に従い、15問、3分間限定の、1対1の対戦を行う

 

解答が完了したときは、挙手をして正誤判定を要求。正解であればポイントが獲得できる

判定が不正解であっても再解答することができる

解答の修正は二重線で行う

パスしたいときはページをめくることで次に進むことができるが、ポイントは獲得できなくなる

パスした問題は、後で戻って再解答することはできない

 

3分の時点で正解している問題が多い方が勝者となる

問題数が同じ場合、サドンデスを行い、勝者を決める

 

※ 2016まで→2017以降の変更点

 以下のルールについて廃止、必ず3分の時間が使えるように変更

 ・3分以内に15問目を終了したら、早押しボタンを押すと、その時点で決着をつける

 ・両者とも3分以内に終了しない場合、3分の時点で決着をつける

サドンデスのルールは、早押し謎解き 1問先取、1問誤答で失格とする

当事者(壇上の選手)のみ有効とする

2R 修羅では、次の問題までに挙手して訴える

疑義は解神実行委員会で判定し、これが尤もである場合、該当の問題を無効とする

3R 解神では、疑義は「パス」と書いた問題、および制限時間経過時点で取組中の問題のみ受け付ける

時間終了後、疑義について内容を確認し、正解とするかどうか判定する

即失格とし、競技への参加権利を失う

2017/10/10

解神実行委員会 委員長 犬塚公朗


2018 ルール説明動画